最近よく耳にするインプラントは、何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる義歯と人工歯根の事です。
従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
なお、インプラント治療はすべて自費となり、その治療にはどうしてもお金がかかります。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。
最大のデメリットは費用が高額になることです。高額のケースでは、数十万円必要になるケースもあるのです。
あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないで下さい。
ごくまれなことですが、手術後の死亡例もあります。初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどうちがうのか疑問に思うかもしれません。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。それに対して、インプラントというのは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがインプラントの強みです。
治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院する必要はまずありません。血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
腸骨など自家骨の移植手術であれば入院が必要になることもあるので、注意して下さい。これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画をたてていって下さい。インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に出会おうとすれば、海(夏といえば、必ず行くという方も多いかもしれません。紫外線対策はしっかりとした方がいいですね)外に渡ってでも治療を受けるという手段もあります。
そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。長期間快適に使える歯を手に入れるため、可能性を追求して、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることをがんばってみましょう。インプラント治療をはじめる前に、費用を調べておきましょう。この治療は高額になることを知っておいて下さい。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、普通のケースではまず適用されず普通は治療のすべてが自費になるのがどうしても高額になってしまう原因です。どんなに安い治療を選んでも十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることをくれぐれも忘れないで下さい。
インプラント埋入手術の直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。
考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間が経つにつれておさまってくるケースが自然な流れです。
実は他の問題が隠れていたということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、歯科医の判断を仰ぐことが治療を成功させるために必要です。義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療はおわりですが、歯医者によるメンテナンスは必ず必要になるのでその都度、費用がかかります。
標準的なケースでは、三ヶ月に1回程度は歯医者に診てもらうことになります。
定期検診にかかるお金は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を見込んでおいて下さい。